頭寒足熱といった眠りのゆかりはどうなの?

ネコは寒くなると丸くなりますが、暑いときはまっすぐにダラ〜ンと伸びます。
私の家で飼っていたネコは、極端な暑がりだったので、夏場は当然、冬になるとメインコタツの中で、よく伸びていました。

人間の体躯も、ネコのビジュアルと同じようなことが考えられます。
暑いときは上がりになって伸びますが、寒くなると横向きになって足を曲げ、カラダを丸めるパターンになります。
あくまでも、私の状況ですが・・・

それと、家のネコが伸びるときは、上がりではなく、横向きのままだったと思いますので、こちらも念のため・・・

寒い季節になると、足もとに「アンカ」を置いておくと、夏季と同じ状態になって、体躯を伸ばした状態で眠ることが可能です。
しかし、低温やけどの心配もありますので、足の位置から適度の隔たりを保つことが大切になります。

また、アンカを使うのにはちょっと早い時期には、毛布などを足もとに置いておくと、足から暖めることができますね。

たしか、通販の寝具も、足もとにセットする「ポケット状の毛布等々」が販売されていたように思います。
とにかく、こうした一品が注目されるのも、足もとを暖めるという眠り易くなるからではないでしょうか。善玉菌を増やせば、癌のリスクが減るって本当かしら?