「光学迷彩」の積載にまつわる発言

IT技法の訓練により
これまでは、相当不可能だったカタチも
実現可能な時代になりました。

また、実写版化が難しいとされた力作も
によってリアルな陳列ができる時代になってきました。

TV技法うちを例にしても
CG製作されたディスプレイが効率よく採用されるなど
各種技法が巧みに組み合わされています。
それまで、目視でしていたことも大幅に簡素化受ける結果
組合せ近隣にとっても、ハード便利でありがたいサイドになりました。

ところで、「光学迷彩」という
ふだん見聞きする機会が数少ないことばがあります。
こちらは、視覚的に不可視になる技法のことですが
透明人道的なサイドといったほうが分かるかもしれません。

こちらの技法は
「攻殻行動隊」で使われたことが「発端」になります。
殊に、「SF力作」に採用されることが多く
クローキングデバイス、ステルス迷彩、ジャンプスーツなど
同士、別の人名で呼ばれているようです。

なお、日本では「天狗の隠れ蓑」などの伝説も有名ですが
悪いあたり、風呂敷によって遊んだ輩もいるかもしれませんね。殺菌効果の高い花の蜜に副作用はあるのでしょうか?気をつけるべき点は?